三島由紀夫「命売ります」

昨日から、

三島由紀夫の「命売ります」

を読んでいる。

本屋で偶然、見つけた小説で、帯に隠れた怪作とあり、三島作品は全部読破したと思っていたので驚いた。
また読んでみて、三島の異なる顔を見たようで、まさに隠れた傑作の予感。
文体も軽妙でいつもの三島と全然違う。

見つけて良かった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です